※当サイトは出会いを含む大人向け情報を掲載しています。18歳未満の方はこちらからご退出下さい。

イケメンだけが女性を落とせる・・・メールの数を増やせば出会える・・・
今までそう思ってきた男性も多いのではないでしょうか。
今日からそんな「ウソ」の常識を脱ぎ捨て、本当に出会える、落とせる女性との接し方を学んでいきませんか?

せっかく男に生まれたのだから、美人を落としてみたい。刺激的な時間を過ごしたい。どんな女性にも落ちる瞬間があります。今まで曖昧になっていた「女性の落とし方」を簡単に、そしてとことん追求していきましょう。

若い女性から人妻までが集う老舗サイト イククル(18禁)で落とす
大人の出会いなら迷わずココへ デジカフェで落とす
初めてでも友達感覚で自然な出会い PCMAXで落とす

30代後半以上の人妻を狙う

同じ若妻・人妻でも子どもがいるのといないのとでは、自分自身に使える時間は全く違います。子なしであれば主婦ならもちろん共働きであっても比較的自由に予定が組めますが、子どもがいると本当に子ども中心の生活になります。

子どもにばかり合わせる生活は、どうしてもストレスが溜まります。暇さえあれば外で発散したい!そう思っているママはとても多いですが、やはり小さいうちは可愛い盛り。結婚して1~2年という家庭も多いので、夫婦仲もまだまだ冷めていません。

日本人女性の初婚年齢はおよそ29歳と言われており、30~31歳で子どもができたとしたら、子どもから手が離れる時間ができるのが35歳前後でしょうか。小学校に入り本格的に自分の時間が取れるようになる頃は、30代後半です。

子どもが少し大きくなると、夫婦の間でも教育方針などでちょっとした意見の違いが出てきます。小さな不満が積み重なっていい高さになる頃が、ちょうど30代後半なのです。

子ありの主婦や人妻にとって、時間ができるというのは本当に大きな変化。この時期の女性と仲良くすることで、比較的簡単に出会い、落とすことができるのです。 記事の続きをみる

ガードを緩めるには「ガードの固さを褒める」

女性がガードを固くしてしまう根本的な原因は「防衛反応」からきています。誰でも彼でも心や身体を許していたら、傷ついてしまったり大変なことになるというのが本能的に分かるからです。

例えばセックスで挿入するときに、男は生でしたいと感じますが、女性は絶対にゴムを付けてほしいと感じます。環境が整っていない不意の妊娠を避けたいからです。

このように男女の間では、女性が性のストッパーになっていることがほとんどです。しかしこのストッパーの強さには個人差があり、特にストッパーの力が強いと「ガードが固い女性」なんて言われたりします。

ガードが固い女性にとって、そのストッパーの強さは誇り・プライドです。簡単になびかない私、に誇りを持っています。なのでガードが固い女性に、もっと気楽に話そうよ、と言ったところで逆効果。この男チャラい!と思われて終わりです。

そうではなく、ガードの固さをそのまま褒めて下さい。「しっかりしてるよね」と。そうすると女性は、軽い女と思われていないことが分かり喜びます。

一方で、ガードが固い女性は「しっかりしている」と思われることに悩みを持っている場合もあります。え、じゃあどうすればいいの?と思うかもしれませんが、これは「しっかりしてるよね」と言った後の返信や反応を見ると判断できます。

そうかな?と返ってくれば喜んでいる証拠、よく言われる~と返ってくれば言われることにうんざりしていて自分ではもうちょっと弾けたいと思っている可能性が高いです。

こっちのパターンだとしても「しっかりした子に、自分の前でだけ甘えてもらうのが好き」なんて言ってあげれば、しっかりしてるという言葉がちゃんと褒め言葉になりますよ。 記事の続きをみる

旦那・夫とは正反対の男

女性がなぜ不倫に走るのか、その大抵の理由が「旦那・夫への不満」からです。

愛し合って結婚した夫婦も多いはずですが、長年連れ添っていると、悲しいかな良いところはどんどん見えなくなり、ラブラブだったときは妥協できていた悪いところがどんどん目につくようになってしまいます。

だから不倫相手にするなら絶対に、旦那とは違う性格や考え方の男性と、と心に決めて活動する熟女が多いのです。

極端な話、旦那と性格や考え方が被っていなければ別の部分がイマイチでも付き合い続ける女性が多いです。冷たい旦那なら優しい男を求め、粘着質な旦那ならさっぱりした男を求める。

旦那と正反対の男を演じるなんて難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、大抵の熟女は「マメで優しい男」に惹かれます。要するに先ほど述べた「冷たい旦那なら優しい男を求める」のパターンがほとんどなのです。

細かく語れば色々あるでしょうが、世の多くの旦那は奥さんに興味をもっておらず、そこに熟女は寂しさを感じていると言えます。それを埋めてくれるのが連絡の数や会う回数、会ったときの優しさなどです。

なので会う前の段階で熟女を落とそうと思ったら、メールをマメに送ること。会う時はレディファーストを徹底し優しい言葉を掛けてあげる。これで多くの旦那とは正反対の男になれるはずです。 記事の続きをみる

美人レベルによって褒め方を変えろ!

女性のランクというのは、ブス、普通、美人の3種類あります。とは言っても同じ美人の中にも、普通寄りの美人、美人、超美人という見えない壁が存在します。

例えば普通寄りの美人と超美人では、全くこれまでの人生観が違います。ルックス一つ褒めるにしても、普通寄りの美人は褒められることもあれば褒められないこともあり、可愛いと言われれば内心やっぱり?とニヤけながらも嬉しいと思っています。

しかし超美人は自分が特別なルックスであることを重々理解しているので、褒められても当然!と思うか、またか、と思うかどちらかです。つまり褒めてもあまり心に響かず、むしろ「またルックスか・・・」と褒め損のような形になってしまいます。

褒め方は、相手がどういうタイプの美人なのか、美人レベルなのかによって変えるべきということをまず知っておきましょう。出会い系では、写メ交換をすればその写真を参考に、写メ交換なしならとりあえず会ってみることからスタートになります。 記事の続きをみる

メール代をケチっても女性と出会える?

出会い系では、男はなるべくメール代を掛けずに早く会いたい、女はなるべくたくさんメールをして相手を知ってから会いたい、という違いがあります。

一般的に出会い系の会員数は男性のほうが多いと言われていることもあり、出会いを成功させたかったら自然と男性が女性の気持ちに寄り添ったやりとりをせざるを得ない状況です。

そうなるとたくさんメールするか長くメールするか、どちらにせよ男性側にはちょっとした負担になります。

メール代をコンパクトに収められたらいいけど、メールの数や期間が足りずに会えなかった、となるのが一番避けたいケース。かといって上限なくポイントを買い続ける訳にもいかないし・・・。

ここでハッキリと分かるのが「数は減らせない」ということ。じゃあ数を減らさずメール代を節約するにはどうするのか?といえば「メール代が安い」出会い系を選ぶこと!たくさん送ってもメール代が嵩みにくいサイト、これが最も分かりやすい見つけ方だと思います。

単に基本のメール代が安いだけでなく、利用料半額キャンペーンなどの割引イベントを頻繁に行っているような出会い系も選択肢の一つです。 記事の続きをみる