メールは短文で男らしさを演出

若い女性から人妻までが集う老舗サイト イククル(18禁)で落とす
大人の出会いなら迷わずココへ ウラデジで落とす
初めてでも友達感覚で自然な出会い PCMAXで落とす

男性からのメールが長いとイヤ!

tanmail

なぜ若い女性が出会い系にまで参加して男との出会いを求めているのか・・・。それは既婚者であっても独身であっても恋人がいてもいなくても、とにかく周りの男では刺激が足りない!ということに尽きます。

周りの男性が悪いわけではなく、知らない男に対するミステリアスな魅力といいましょうか、深くを知らないほうが危険で魅力的に感じるものなのです。

確かに女性は会う前にある程度親しくなっておかないと不安だと言いますが、それは馴れ合いとは違います。上司と後輩のように、いくら親しくなってもある程度の距離感と緊張感があるほうが女性は非現実を味わえて楽しいのです。

メールでは内容ももちろん大事ですが、その前にメールの頻度や一通の長さに気をつけたいところ。頻度が多すぎたり、一通のメールが長すぎたりすれば「女々しい」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

同年代や年下男子ならば友達のようにフランクにペラペラ話してもいいと思いますが、若い女性が年上の男性と話をする時はいかに男らしいかどうかを見ています。何となく男らしいメールといえば、短くぶっきらぼうで用件しか話さないというイメージがあります。

もちろん思いやりは大切なのでぶっきらぼうだけではいけません。重要なのは長さを短くするところです。

メールでのギャップを駆使

女性はギャップに弱い生き物です。特にどんなギャップに弱いかというと、真面目な人が時折見せる優しさやチャーミングさです。具体的にいえば普段「明日は時間があるけど会える?」とだけ送る男性が、「明日は時間があるけど会える?無償に会いたくなって」と女性がドキッとするような一文を入れたりするようなことです。

普段から短くクールなメール、シンプルなメールだからこそちょっとした一言が効いてくる。頑張って文章をひねり出さなくてもこの程度で十分女性を落とす媚薬になるということです。

ただ、最初からこの戦法が使えるかと言えばそうではありません。世間話を気兼ねなくできるくらいの間柄になり、この男性からのシンプルで短いメールなんだと十分に知ってもらった上で、時々甘い言葉を織り交ぜる。親しくなる前ではギャップになりませんし、逆に「誰にでも言ってるんでしょう」「私は騙されない」とガードが固くなってしまうだけです。

シンプルメールで親しくなること。これさえできればギャップでガンと落ちてくれるはずです。

女性は追いかける方が好き

女性が本来幸せや安心感を感じるのは、男性に追いかけられる立場になっているときです。しかしセフレや不倫など遊びの関係のときは、とにかく安心感より危険性や刺激を求めています。

男性から頻繁に長いメールが届くと、自分が追いかけなくても構ってもらえるという余裕が出てきてしまい、結果その男性との関係につまらなさを感じてしまいます。現実では構ってもらえないだろうけど、出会い系なら頑張れば手が届きそうな男。そういうちょっとした高嶺の花になれるように、自分を控えめでクールな男に仕立て上げるのです。

中には同じようにワイワイ喋るノリが好きな女性もいますが、親しみすぎると異性というよりは友達のような感覚になってしまいセックスにうまく移行できなくなります。あくまでも追いかけさせて、少々面倒で連絡しなくても離れていかないようにするのが狙い。

その場限り、一夜限りの関係でも追いかけさせる男になったほうが、食事のあとのホテルも簡単になります。