女性から見た「出会い系のイメージ」とは?

若い女性から人妻までが集う老舗サイト イククル(18禁)で落とす
大人の出会いなら迷わずココへ ウラデジで落とす
初めてでも友達感覚で自然な出会い PCMAXで落とす

出会い系はメインの選択肢になっている

dimage

一昔前の出会い系というと、出会いが得られなかったモテない男女が集まる場所というイメージもありました。しかし今は時代ががらりと変わり、SNSなど自分の知らない人と会話することが普通になってきました。

女性は男性に比べて、恋愛やセックスに対して積極的になれる機会がありません。積極性の象徴である「ナンパ」なんてほとんど男子しかしないですよね。でも、出会い系ならばお互いに出会う気がある者同士ということもあり、女性でも簡単に積極的になれます。

もちろん男から誘われたり好かれたりするほうが嬉しいに決まっていますが、見知らぬ相手だからこそ失敗しても大丈夫という安心感があり、新しい出会いに対する抵抗感が薄くなっているんだと思います。

恋愛やセックスに対して消極的な女性が、欲求をストレートに表現できる場所こそが出会い系。外に表現することが気軽に行える時代だからこそ、出会い系が選択肢の一つどころかメインになっている事実にも頷けます。

出会い系のイメージが「いやらしい」から「可愛い」へ

出会い系サイトの運営会社自体がイメージアップに努力しているというのも大きいですが、世間の女性から見た出会い系のイメージは大分良くなっていると思います。見ず知らずの他人とネットで会う恐さよりも、出会いのチャンスを広げられるというメリットのほうが実際大きくなっているんですね。

なぜそういう良いイメージがだんだんと浸透しているかというと、女性に対する運営会社の宣伝があったからです。女性雑誌の広告に掲載され、みんな使ってるよ!日記やゲーム、写メコンテストもあるよ!という宣伝のおかげで「流行り」「可愛い」に敏感な女子たちはついつい登録してしまうというわけです。

その楽しい機能があるサイトはもちろん、ないサイトでも出会い系サイト自体のイメージがアップしたおかげで全体的に会員数が上がっていきました。出会い系がスマホやパソコンをいじる目的が出会い系で遊ぶため、なんてことも今では珍しくないのです。

出会い系に不安はあるけど大きくはない

見ず知らずの相手と出会う、それも男と。不安があるのにそれでも女性が出会い系を使うのは、今の状況を何とかしたい!という一心です。

まだエッチ経験がない、男子とあまり喋ったことがない・・・など、女性も男性と同じで恋愛と性に対するコンプレックスは強く持っていて、それを解消するのは相手が必要だ!と感じるのです。

普通に生活していても出会いは望めない、ずっとこのままだったら?そんな不安から、多くの人が気軽に人を見つけられるネットを選ぶのです。ただもちろん、その相手が誰でもいいというわけではないし、出会う前に警戒するのは当たり前。女性の本能です。

会いたいことと今すぐというのは必ずしも繋がりません。だけれども、確実に男を選ぶ基準(ハードル)が下がっているのは間違いありません。

女性も出会い系で一度楽しい出会いが経験できたら、そこからは弾けます。不安だけど一回払拭できたら、警戒心はないに等しいと思っていいでしょう。