熟女が不倫相手に求める条件とは?

若い女性から人妻までが集う老舗サイト イククル(18禁)で落とす
大人の出会いなら迷わずココへ デジカフェで落とす
初めてでも友達感覚で自然な出会い PCMAXで落とす

旦那・夫とは正反対の男

女性がなぜ不倫に走るのか、その大抵の理由が「旦那・夫への不満」からです。

愛し合って結婚した夫婦も多いはずですが、長年連れ添っていると、悲しいかな良いところはどんどん見えなくなり、ラブラブだったときは妥協できていた悪いところがどんどん目につくようになってしまいます。

だから不倫相手にするなら絶対に、旦那とは違う性格や考え方の男性と、と心に決めて活動する熟女が多いのです。

極端な話、旦那と性格や考え方が被っていなければ別の部分がイマイチでも付き合い続ける女性が多いです。冷たい旦那なら優しい男を求め、粘着質な旦那ならさっぱりした男を求める。

旦那と正反対の男を演じるなんて難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、大抵の熟女は「マメで優しい男」に惹かれます。要するに先ほど述べた「冷たい旦那なら優しい男を求める」のパターンがほとんどなのです。

細かく語れば色々あるでしょうが、世の多くの旦那は奥さんに興味をもっておらず、そこに熟女は寂しさを感じていると言えます。それを埋めてくれるのが連絡の数や会う回数、会ったときの優しさなどです。

なので会う前の段階で熟女を落とそうと思ったら、メールをマメに送ること。会う時はレディファーストを徹底し優しい言葉を掛けてあげる。これで多くの旦那とは正反対の男になれるはずです。

家庭の不満・愚痴を聞いてくれる男

大人になるとなかなか不満や愚痴を言い合う環境がないですよね。相手がいない、というのが一番の理由だと思います。

井戸端会議をするようなご近所さんがいる人は、不倫に走るイメージがありません。それくらい、不満を日常的に発散できる環境があるかないかは大切なことなんです。

しかし男からすると、愚痴を聞いてほしいって、ただの話し相手ってことか?と疑問に思うでしょう。でも熟女にとって話を聞いてもらうことは、よしよしと頭を撫でて慰めてもらっているのと同じ感覚です。

そこから「この男性は思いやりがあって優しい」と思い、話し相手以上の仲へ進むきっかけになるのです。ゲームでいえば、村人のお願いを聞けば次のステージに進める、といった感じでしょうか。

熟女が語る家庭の不満ということは、男に対する不満と同じこと。どういう気持ちで聞けばいいのか?と思うかもしれませんが、熟女はあくまでも「旦那という最悪な男」の話を聞いてもらいたいだけなので、求めているのは「同意」と「慰め」です。

女性は同意してもらうと気持ちがスッキリし、聞いてくれた人に感謝をします。メールでも会ってからでも「それは酷いですよね」と言ってあげると喜びます。

ただし同意してばかりでも「自分の夫はそんなに酷いんだ」と落ち込んでしまうので、たまに「でも〇〇さんのこと思ってくれてるんですよ」と旦那のフォローをするのも忘れずに。

遊び人ではない、誠実で一途な男

普通に考えれば、既婚熟女に寄ってくる男なんて遊び人に決まっているのですが、女性はどんな関係でも「相手は自分だけ」と思いたいものです。なので正確にいえば、本当に誠実で一途な男にならなくても「一途に見せかけるのが上手い男」でも問題なしです。

熟女から見た遊び人とは、他の女の影が見える男です。直接他にもいるよと言う男もいるだろうし、連絡が少なかったり、会える日が極端に限られているといった男も怪しまれます。

熟女は女慣れしている人よりも、同じくらいか少しリードできるくらいのレベルの不倫相手が一番安心します。

既婚者と分かって声を掛けてくる男に誠実さを求めるのはちょっとした矛盾ですが(笑)、あくまでも気が合った人と偶然深い関係にまでなっていった・・・というドラマのような展開を望んでいるのです。

熟女が誠実で一途な男と判断する基準は本当に曖昧で、メールが敬語できっちりしていれば誠実、会った時にあまり慣れておらず緊張していれば誠実といった感じ。意外と女性慣れしていない男子が出会い系でモテるのは、こういった仕組みになっているようですね。