若い女性は昼間にスマホを見る

女性にメールを送るとき、メールの内容に慎重になることはあっても何時に送るかまではあまり考えないのではないでしょうか。

電話と違ってメール、特に出会い系サイト内のメールであれば時間を問わずに送れるし、自分が送りたいときに送っておけば相手が空いた時間に見ることができます。

ただ、どの時間にも送れるからといって適当に送っていいわけではなく、相手から返事を貰いたい!というのであれば「相手が暇になる時間」を狙ってその前に送っておくのがベストです。

朝、昼、夕、夜と4つの時間に分けてみると、朝はバタバタして忙しく、夕方は仕事中。夜も帰宅の途につく時間にはバラつきがあり、疲れていたり夜にしたいことがあれば二の次になってしまいます。

けれど唯一、女性が暇になる時間帯があります。それが昼間です。昼は絶対に昼食を食べる時間がありますし、そこでスマホでメール確認やSNSなどのチェックをする人がほとんど。となると食事のお供にちょっと出会い系のメールBOXを確認する、なんて人もいるかもしれません。

社会人のランチタイムはおよそ12~14時の間。この前に送っておくとなると、朝のうちに時間を作って送っておくのが一番ですね。 記事の続きをみる

恋活や婚活で疲れている女性が多い

女性が出会い系サイトを使う一番のきっかけは「恋愛」です。

彼氏がいたらいいな~という軽い気持ちの女性から結婚相手を探したい!という真剣な女性まで、色々な目標を持った女性たちが参加しています。

婚活、という言葉は聞いたことがあると思いますが、その名の通り結婚相手を見つけるための活動です。一方で恋活、という言葉も最近はメジャーになりつつあるのですが、これもその名の通り恋人を作る活動のことです。

恋活はその中でも大きな幅があり、彼氏いたらいいなの人から今すぐ彼氏が欲しい!という人まで全てが恋活と言われます。

遊び相手を探したい男にとって恋活や婚活をしている女性なんて、一番面倒臭そうと思いませんか?確かに、本気で婚活までしている女性は落としにくいというか、そもそも見向きもしてくれないかもしれません。

ですがあくまでも恋活寄りの婚活だったり気楽な恋活の女性ならば、恋愛と遊びは延長線上ですから、恋愛が上手くいかず疲れると遊び目的の男に引っかかる傾向があります。つまり男に興味を持ってもらえるだけで喜ぶ状態になっているんです。

冷静な女性よりも恋活、婚活でお疲れ気味の女性を誘ったほうが落としやすいとはこういうメカニズムなのです。 記事の続きをみる

若い女性にとっての既婚男は「紳士」

shita05

既婚者が出会い系、というとなんだか不誠実な感じがしますが、そのイメージの割に若い女性が既婚男に惹かれる、ハマるというケースはかなり多いです。

それはなぜかというと、若い女性の周りにいる男というのは若いから。つまり、普段出会えないような大人の男が出会い系にはたくさんいるというわけです。

女性は特に恋愛対象でなくても、どの男にも守られたいという気持ちがあります。なので自分のことで精一杯だったり女扱いに慣れていない若い男よりも、既婚者という大人感についフラリと惹かれてしまうんですね。

早くセックスしたい!というガツガツ感はあるかもしれませんが(笑)どうしてもこの女性でないとダメ!という焦りはないので、それが女性にとって余裕に見えるわけです。男からずっと大事大事とベタベタされるよりも、適度に距離を感じるほうが女性も燃えるからこそ、誰かのものである「既婚者」という称号は強みになるのです。 記事の続きをみる

男性からのメールが長いとイヤ!

tanmail

なぜ若い女性が出会い系にまで参加して男との出会いを求めているのか・・・。それは既婚者であっても独身であっても恋人がいてもいなくても、とにかく周りの男では刺激が足りない!ということに尽きます。

周りの男性が悪いわけではなく、知らない男に対するミステリアスな魅力といいましょうか、深くを知らないほうが危険で魅力的に感じるものなのです。

確かに女性は会う前にある程度親しくなっておかないと不安だと言いますが、それは馴れ合いとは違います。上司と後輩のように、いくら親しくなってもある程度の距離感と緊張感があるほうが女性は非現実を味わえて楽しいのです。

メールでは内容ももちろん大事ですが、その前にメールの頻度や一通の長さに気をつけたいところ。頻度が多すぎたり、一通のメールが長すぎたりすれば「女々しい」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

同年代や年下男子ならば友達のようにフランクにペラペラ話してもいいと思いますが、若い女性が年上の男性と話をする時はいかに男らしいかどうかを見ています。何となく男らしいメールといえば、短くぶっきらぼうで用件しか話さないというイメージがあります。

もちろん思いやりは大切なのでぶっきらぼうだけではいけません。重要なのは長さを短くするところです。 記事の続きをみる

嫌われるオヤジを脱出しよう

oyajiaeru

一般的に、若い女性はオヤジを異性として見ることはあまりありません。若い男性が熟女に目がいかないのと同様、年が離れていると異性というよりも年長者、人生の先輩という風にしか見られないのです。

なので普通に考えれば若い女性を落とすのはかなり難しいこと。しかし出会い系はそんな奇跡に思えることも叶ってしまう場所でもあります。

まず、オヤジが若い女性になぜ相手にされないか。それはマイナスイメージが強いからです。嫌われるオヤジ像、それは髪が薄い、下品、口臭、加齢臭などです。でも世の中には髪が薄くてもモテている人も大勢います。それはなぜか?清潔感、爽やかさを意識しているからです。

オヤジと清潔感、若い女性にとっては結びつかない2つの言葉でしょう。確かに年上の男性は頼りがいがあるけど、性的な関係にはなれない。その壁が清潔感のあるなしなのです。好かれるオヤジになるには、まず自分のにおいを知ること。その次に服装や髪型に清潔感があるか、時代遅れのファッションになっていないかをチェックします。

今風な見た目に気をつけるだけでも、女の子からの印象はまるで違います。 記事の続きをみる