30代後半以上の人妻を狙う

同じ若妻・人妻でも子どもがいるのといないのとでは、自分自身に使える時間は全く違います。子なしであれば主婦ならもちろん共働きであっても比較的自由に予定が組めますが、子どもがいると本当に子ども中心の生活になります。

子どもにばかり合わせる生活は、どうしてもストレスが溜まります。暇さえあれば外で発散したい!そう思っているママはとても多いですが、やはり小さいうちは可愛い盛り。結婚して1~2年という家庭も多いので、夫婦仲もまだまだ冷めていません。

日本人女性の初婚年齢はおよそ29歳と言われており、30~31歳で子どもができたとしたら、子どもから手が離れる時間ができるのが35歳前後でしょうか。小学校に入り本格的に自分の時間が取れるようになる頃は、30代後半です。

子どもが少し大きくなると、夫婦の間でも教育方針などでちょっとした意見の違いが出てきます。小さな不満が積み重なっていい高さになる頃が、ちょうど30代後半なのです。

子ありの主婦や人妻にとって、時間ができるというのは本当に大きな変化。この時期の女性と仲良くすることで、比較的簡単に出会い、落とすことができるのです。 記事の続きをみる

旦那・夫とは正反対の男

女性がなぜ不倫に走るのか、その大抵の理由が「旦那・夫への不満」からです。

愛し合って結婚した夫婦も多いはずですが、長年連れ添っていると、悲しいかな良いところはどんどん見えなくなり、ラブラブだったときは妥協できていた悪いところがどんどん目につくようになってしまいます。

だから不倫相手にするなら絶対に、旦那とは違う性格や考え方の男性と、と心に決めて活動する熟女が多いのです。

極端な話、旦那と性格や考え方が被っていなければ別の部分がイマイチでも付き合い続ける女性が多いです。冷たい旦那なら優しい男を求め、粘着質な旦那ならさっぱりした男を求める。

旦那と正反対の男を演じるなんて難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、大抵の熟女は「マメで優しい男」に惹かれます。要するに先ほど述べた「冷たい旦那なら優しい男を求める」のパターンがほとんどなのです。

細かく語れば色々あるでしょうが、世の多くの旦那は奥さんに興味をもっておらず、そこに熟女は寂しさを感じていると言えます。それを埋めてくれるのが連絡の数や会う回数、会ったときの優しさなどです。

なので会う前の段階で熟女を落とそうと思ったら、メールをマメに送ること。会う時はレディファーストを徹底し優しい言葉を掛けてあげる。これで多くの旦那とは正反対の男になれるはずです。 記事の続きをみる

外で活躍する熟女は積極的

現在40代~60代の人妻や熟女は、今の共働きが当たり前の時代とは少し違う環境で暮らしてきました。

夫が外に出て働き、妻は家を守る。そんな夫婦の形が多い中で自ら積極的に働きに出る熟女というのは、何か刺激を求めて社会に参加していることがほとんどです。

今の熟女は、既婚者であれば大半が自分がパートや仕事に出なくても生活していける環境にいるでしょう。ということは、仕事をする目的は単にお給料だけでなく、人との出会いなど生活に変化を持たせたいからだと言い換えることができます。

ただ、それならパート先仕事先で出会いが見つかって終わりなのでは?と思うでしょう。出会い系サイトまで進まないんじゃないか?と。いいえ、ちゃんと関連性はあります。

仕事をしていると新しい出会いと共に、新しい知識や話題が次々と頭に入っていきます。そうすると不倫ドラマの話だったり、実際にイイ人がいるのよという秘密の話まで、家に閉じこもっていては知ることのない刺激的な話題も登場します。

そのため、同じ出会い系サイトに参加している熟女でも、より外の世界を見て憧れが強い働く熟女のほうが落としがいがあるのです。 記事の続きをみる

人妻熟女が返事をしたくなるメールを送ろう

出会い系サイトを使っていて、思うように会えないな~と思ったときサイトのせいにする男性も多いんじゃないかと思います。でも、そのほとんどの原因は「自分のメールのせい」であることが多いんです。

有名で安心して使えるような優良サイトは、良い意味でも悪い意味でも会員が多いです。たくさんの女性と知り合えるチャンスがあるというメリットもあれば、ライバルが多くメールの返事をもらいにくいというデメリットもあります。

その中で、いかにこのデメリットを少なくしてメリットだけを活かして出会いに繋げるのかというと「相手の年代や立場によって内容を変える」というちょっとした努力です。

特に初めて声を掛けるファーストメールは大切で、他の人といかに差別化して目を引くような文面にできるかが出会いの確率に大きく影響してきます。

相手が人妻や熟女の場合それぞれの年代や立場で喜ぶメールの内容が違います。それはなぜかというと、出会い系に参加したきっかけや持っている悩みが違うからです。30代は30代の悩み、50代は50代の悩みと年代で悩みの種類は似ていますから、今回は年代別のメール例文を見ていきましょう。 記事の続きをみる

お固い人妻熟女こそ簡単に落とせる!

昔から人の妻というのは男から一定の人気があり、需要があるものだというイメージを男女共に持っています。

しかしその人妻の中でも50代や60代など中年・熟年世代、いわゆる熟女は「男性から誘われるわけがない」「性の対象として見られるわけがない」とまるで自分に全く魅力がないかのように謙遜する人がとても多いんです。

最近の熟女ブームも、当の本人たちはあまり本気にしていない、信じていないという傾向にあります。でも実際「何を言ってるの」と思いつつも、「私でもまだいけるのかしら」という淡い期待を同時に持つ熟女も多いみたいなんですね。

そもそも人妻熟女さんは結婚して家庭を持っている、という時点で立場上は誰とでも関係を持てる独身女性よりは、ほぼ全員お固めです。

だけど固いの度合いも人それぞれで、そういう関係になってもいいと思って参加してます、旦那が単身赴任だからたくさん男友達作ってますという壁が低めな既婚女性もいますし、男性とお喋りしてみたいから参加してみました、最初はお茶から始めたい・・・という比較的壁が高めの既婚女性もいます。

どちらにしても、当人たちは人妻人気や熟女ブームは信じていない女性が多く、誘われてもまたまた~とはぐらかしてしまうので、男から見ると固い印象になるのだと思います。 記事の続きをみる